偶然の学校

10の質問 – 春日 大海(4期生)

インタビュー


1.あなたは何歳の時に「偶然の学校」に通いましたか

26歳です。

2.「偶然の学校」を知ったのはどういうきっかけでしたか

ツイッターで中井さんが偶然の学校の募集をアナウンスしているのを見て知りました。

3.「偶然の学校」への応募を決めた理由はなんでしたか

今の生活に違和感を感じていて、何か変われるきっかけになると思ったからです。 住んでいる場所が長野県なので一年間通えるか悩む部分もありましたが、この機会を逃したら絶対後悔すると思い、応募しました。

4.実際に通って面白かったことはなんですか

本気で、悔しがったり喜んだりできたことです。毎回の授業が真剣勝負です。

5.実際に通ってイメージと違ったことはなんですか

地方住みだし、月一回の授業なので、みんなと仲良くなれるか正直不安でしたが、そんなこと心配する必要もなかったぐらい、他への思いやりに溢れている環境でした。

6.「偶然の学校」に通ってどんな変化を感じていますか

色々な角度から物事を考えることができるようになったこと、自分自身が疑問に思ったことを深く掘り下げることができるようになったことです。

7.「偶然の学校」に登壇される先生たちについて思うことはありますか

どの先生も熱量がすごくて言葉の一つ一つが重く深いです。毎回、色々な気づきや発見を与えてくれます。

8.「偶然の学校」で得たもので、最も得難いと感じていることはなんですか

同じ熱量を持った仲間と出会えたことです。

9.「偶然の学校」を誰かに推薦するとしたら、なんといいますか

こんなにも自分自身が変わっていくことを実感できる場所は他にはないよ。

10.「偶然の学校」に応募を考えている人へ一言メッセージ

こんなにも自分自身と真摯に向き合える機会はなかなかないと思うので自分の知らない世界に挑戦して、自分自身が変わっていくことを楽しんでください。 そして、もし地方に住んでいて距離などで応募に悩んでいる方がいれば距離のハードル以上に得るものがこの学校にはあると思っているので、思い切って応募してみてください!

筆者プロフィール

春日大海